メインイメージ画像

法人向けOA機器はレンタルという方法が一般的です

50年前の家庭では少し遠い存在でした家電やOA機器は次々と高度に発展し、値段も安価なものが登場しています。しかしOA機器などは、大型のコピー複合機などになると、かなりの価格になってしまいます。そのため、企業や団体などが事務所にコピー複合機を数台ほど用意するとなると、かなりの出費となり、経営を圧迫します。また選挙事務所など短期間しか利用しない時に大型のOA機器を用意してしまうと、購入や処理において膨大なコストを要します。

そのため昔からこうしたOA機器には、レンタルという方法があり、多くのレンタルを請け負う会社があります。

これらのOA機器のレンタルにおける何よりのメリットは、導入コストを抑えることが出来るという点ですが、それのみではありません。このようなOA機器をレンタルで利用すると、常に最新の必要な機能を実装出来るという強みが有ります。OA機器には製本機能、高速印刷など、企業のビジネスをサポートする機能が毎年追加され、印刷費用もドンドン安くなっています。

そのため、購入では買い替えのタイミングが難しく、たった何年かで陳腐化してしまいます。しかし、レンタルであると、当然欲しい機能が登場した場合には、一定の手数料でただちに交換可能なため、最新の機能を仕事でいち早く取り入れる事が可能です。

また、オフィスでよく起きやすいトラブルであるOA機器の故障や異常に対しても、即座に対応してもらえるというメリットもあります。購入のOA機器においては、メーカーや専門の業者などに依頼しないといけませんが、レンタルの場合は、すぐに対応してくれる窓口が存在するので、すぐに修理工に来てもらえます。

こうしたアフターフォローの充実度もレンタルOA機器の特長で、会社がOA機器のメンテナンスに追われる事無く元来の活動をスムーズに行えるようにサポートします。

このようなOA機器は、若い起業家や学校、他に一般家庭にも利用が広がっています。ビジネスではオフィスを含め初期費用の削減が大きなテーマなどとして扱われるので、こうしたレンタルのOA機器の活用の幅は、まだまだ拡大展開しています。